So-net無料ブログ作成

今年の「語りと音楽」 お見逃しなくっ!

 

東京・春・音楽祭 「語りと音楽~大人も愉しいグリム童話の世界」

4月8日の公演まで、あと少しです!

チケットを購入いただいた方には、楽しみが増えますように♪

まだ購入していない方には、こっそり...ネタばらしをします。

 

なぜ、グリム童話を作品に選んだのか?とよく聞かれますが、今年は、グリム童話が出版されてから200年を記念する年だということを、皆さんご存知ありません。

800px-Kinder_title_page.jpg 

グリム童話といえば、子どもの頃に親しんだ、ヘンゼルとグレーテルや赤ずきんと、誰もが知っている物語がありますが、
《大人も愉しい》...ですから、グリム童話集の初版、第2版、第8版から"懐かしい"お伽噺とは少し趣を異にする、よっぽどのグリム通でなければ知らないであろう<<お噺し>>を選んで構成しています。

音楽は、シューマンの「おとぎ話」Op.132
シューマンはピアノの詩人と言われながら、室内楽も数多く書いており、この作品は、クラリネット、ヴィオラ、ピアノにより、1853年に書かれた作品です。
ところが、その頃は健康や精神面からの不安で、翌1854年にライン河へ投身自殺を図っているんです。
そんな中、ピアノの原点に戻りながら、愉快な室内楽として生まれ、「おとぎ話」のタイトルがついた組曲スタイルですので、音楽がグリムの世界へ誘ってくれることと思います。

 

そして、グリムといえば“小人”の存在です。

昨今、各分野においてロボットが注目されるなか...
「語りと音楽」のプロデューサーは見逃しません!

KHR-3HV_blog.jpg

最新式の森のIT小人(ロボット)」たちが脇役を固めます。

PFメール対応可写真踏ん張り_blog.jpg

 

朗読と音楽、そしてIT小人とのコラボレーション。

音楽の殿堂、東京文化会館で、上質な大人の時間をお楽しみください。

 

チケットをお求めでない方は、あと少し!ありますので、是非コチラから!!

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。